ピーリングでなめらか肌を目指す

肌の表面のざらつきは、古い角質が溜まっていることが考えられます。原因はクレンジングや洗顔を怠ってしまった、ターンオーバーが乱れているなどさまざまです。

ざらつきをそのままにしておくと、古い角質がどんどん溜まり肌の生まれ変わりに悪影響を与えてしまいます。

なめらかで美しい肌を保つためにも、日頃から洗顔やクレンジング、ターンオーバーが整いやすくなる環境をつくりましょう。

ざらつきをできるだけ早くなくしたいのであれば「ピーリング」がオススメです。ピーリングは肌表面の角質を溶かして取り除く美容方法です。

溶かすレベルが高いものと低いものがあり、高いものほど刺激が強く溶かすスピードも早くなります。低いものほど肌にやさしく、溶かすスピードもおだやかです。

ピーリングは健康な肌の人がおこなうぶんにはそれほど問題はないのですが、肌が弱い人にとって刺激が強すぎてしまうこともあります。

少しのことで刺激を受けやすい肌の人はできるだけ控えましょう。また、ピーリングをしたあとのケアも大切です。

低刺激のローションをたっぷり与えて保湿をしましょう。ピーリング後は肌が敏感になっているので、アルコール入りのローションはNGです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です